綺麗事。

世界には必ず、光と影がある。

誰かが光れば、誰かは影になる。

明るい感情の裏には、暗い感情がある。

そういうものでしょ。


そのくせ、私たちは光しか受け付けない。

影があってこその光なのにね。

この世界は、光が全てで影はゴミ箱へ投げ捨てられる。


だから、この世界は息苦しい。


「明るく生きよう!」

「苦しんだ分、幸せになれる」

「涙を流しただけ、強くなる」


…くそくらえ。


そんな綺麗事、ちょっとでいいんだよ。

光と綺麗事の過剰摂取で胃がもたれるわ。


世界の全て、綺麗事で回ってると思うな。








こういうのよくあるよね。

ポジティブ至上主義というか、ポジティブハラスメント。


普通に考えて、光だけが存在するなんてありえないから。

光と影はセット。

光のすぐ裏には影ができる。


のくせに、みんな影は嫌って、除外しようとするでしょ??


だからね、吐き出せない影は、心の中に押し込まれちゃうんだよ。

この社会には、受け止めてくれる所が少なすぎるから。


だし心の中って、

無限にスペースがあるわけじゃないから、いつかは爆発するわけで。


社会の生きづらさの根源って、結局ここなんだと思うよ。私は。

みんなそれぞれ、影持ってるのに、光だけ求めて、影は邪険にされるでしょ?


社会的マイノリティを持ってる人とか、社会不適合者とか言われてる人だけの問題じゃないよ。生きづらさって。

いつも普通に学校行ってる子だって、働いている人だって、生きづらさを感じるんだから。


それは結局、影を除外して、邪険に扱ってきたからで。


だから結局何言いたいかって、

その口でベラベラと綺麗事言う前に、影を受け入れやがれ。

ってこと。

綺麗事なんか、もう社会に溢れかえってるんだから。



っていう、愚痴。w


今日も、のびのび過ごすぞ。

0コメント

  • 1000 / 1000