ひきこもり

変わらないで、だなんて随分勝手に。

ずっとそばにいて、だなんて言えるわけないし。

大好きだよ、なんて迷惑かななんて。


ふと頭に浮かぶ言葉を口に出そうとしては、

また頭の中に引っ込めて、言いたいことなんか言えない。


言いたいことが言えなくなって、口元が小さくなって、

声もか弱くなって……。

気づいたら、いつも夢の中に引きこもるようになってしまったの。


色んな事を考えては、夢心地でぼうっと頭の奥に押し込める。

あぁ、もうここは夢の世界なんじゃないかなんて思ってしまうほどで。

瞳は明後日の方向を見つめては、昨日に見やってみて。


いつも、伝えたいことは山ほどあるの。

引きこもってて言えないんだけどね。


いつか、私をこの世界から連れ出してくれないかな?

そんな妄想、叶ったりするかな?

でも、いつかキミの胸の中で目を覚ます。

0コメント

  • 1000 / 1000